FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卯の花

文部省唱歌に「夏は来ぬ」があります。今でも多くの人から親しまれ、歌われています。「卯の花の匂う垣根に ほととぎす早も来鳴きて 忍び寝もらす 夏は来ぬ」 1番はこのように歌われます。

今は卯の花の季節です。白いつつましやかな花です。卯の花は夏の到来を告げる花として、歌われています。この花はウツギの花です。この辺でウツギというと、これから咲き出すピンクの花を鵜鵜ます。これは正確に言うとタニウツギだそうです。

豆腐のおからも「卯の花」と呼びます。これは「お空」を連想するので、白い色から「卯の花」と呼ぶようになったと言われています。

新潟では、春から夏への移行は大変早く感じます。雪が解けて桜が咲いて、ゴールデンウイークが終わると、もう夏の気配がただよいます。

2番の歌詞には「早苗植え渡す 夏は来ぬ」とありますから、昔は今頃が田植えだったようです。私の生まれた信州は田植えが遅く、6月半ばだったように記憶しています。

日本には季節を歌う歌が沢山あります。春、夏、秋、冬とはっきりした季節のある地に住んでいる私たちは恵まれています。

この歌を作曲した小山作之助は上越市大潟区の出身です。小山作之助は東京音楽学校(現東京藝術大学)で教え、明治、大正時代、日本の音楽教育の中心的な担い手でした。大潟区では毎年7月、「卯の花音楽祭」が行われます。

「すなわち、恵みをもって、天から雨を降らせ、実りの季節を与え、食物と喜びとで、あなたがたの心を満たしてくださったのです。」使徒14:17
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。