FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花と実

1週間前は桜の花が満開でした。先週の木曜日の暴風で、桜は一気に散りさってしまいました。

高田公園の桜は「ソメイヨシノ」です。ソメイヨシノは葉が出る前に枝からつぼみが出、葉っぱをまったく見せないで、花が咲き、木全体を花で囲みます。桜ははかないとも言われますが、満開になると、大変豪華です。まさに花を見せる木です。

しかし、ソメイヨシノのさくらんぼを食べる人はまずいません。食べられないわけではありませんが、小粒で、苦く渋い実です。熟れた実が地面に落ちると、かえって迷惑がられます。

同じ桜でも、実がおいしいさくらんぼの花は、葉っぱが出て、黄緑色になってから、葉っぱの陰に、白い控えめな花を咲かせます。しかし、その後に、たっぷりと果肉のついたおいしい実をつけます。

今咲き誇っている水仙やチューリップは実が期待できません。これから咲くいちごやりんごの花はあまり目立ちません。神様はそれぞれに役目をあたえておられるように思われます。

では花の咲かない野の草はどうなのでしょう。よく見るとどの葉もデザインされています。そして何よりも、緑の葉は酸素を大氣に供給しています。特に人が眠っている夜に。

SMAPが歌っている「世界で一つだけの花」という歌をご存知だと思います。人間も一人一人違っていて、それぞれに大切なのです。

「わたしの眼には、あなたは高価で尊い。私はあなたを愛している。」イザヤ43:4
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。