FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビリーブ

東日本大震災以来、心をいやし、励ましを与え、エールを送る歌が沢山登場してきました。それらは、新たに作られた歌というよりも、古くから歌われていた曲が、新たに見直され、人々の心をとらえています。

その中の一つ、「ビリーブ」という歌を聴きました。ビリーブは英語の believe(信じる)です。色々な人によって歌われ、CDになっていますが、今、様々なところで歌われています。

今年も1月4日、上越市の新年祝賀会が、リージョンプラザのアリーナで行われました。会のスタートはアトラクションです。毎年、郷土の伝統芸能が登場していましたが、今年はまったく趣向が変わって、市内の合同合唱団の合唱でした。

開始の歌に歌われたのが、「ビリーブ」でした。美しく、心をこめた合唱は集った人々の心を打ちました。



いま、人々は何かを信じて生きていくことの必要性を感じているのでしょうか。それならば、まさに信じるに値する、真の神様を知ってほしいと思います。

「聖書はこう言っています。『彼に信頼する者は、失望させられることがない。』」ローマ10:11
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。