FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンポ

20年前に家内は郵便局の簡易保険に入りました。郵便局はその間に、大きな変革がありました。妙高にあったカンポの宿はなくなり、郵便局の仕組みもずいぶん変わりましたが、20年毎月保険金を払い続けてきました。このたび、家内のカンポは、無事満期を迎えました。

先月、担当の職員が保険金の受け取りの説明に来てくれました。そのときのことです。一通りの説明が終わったあと、

職員「今まで、病気で入院、通院、怪我んどにかかわる医療保障の請求漏れはないでしょうか。」と親切に尋ねてくれました。
家内「ありません。」
職員「今、医療機関にかかっておられるとか、薬を飲んでおられるとかありませんか。」
家内「ありません。」
職員「めずらしいですね。そんな人めったにいませんよ。」

とびっくりされました。

20年間、カンポの保険を使うということは一度もありませんでした。家内はあと1ヶ月ちょっとで70歳になります。当たり前のように思っていましたが、改めて健康が守られてきたのだと思いました。これは神様の大きな恵みです。

満期といっても、たいした額ではありません。娘のところへ行って、働きを手伝ってくる費用にと今のところ考えています。

「わがたましいよ。主をほめたたえよ。主の良くしてくださったことを何一つ忘れるな。」詩篇103:2
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。