FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木綿

このところ、4月初旬から中旬の陽気というような寒い日が続きました。しかし今週はもう、6月に入ります。衣替えの季節です。晴れた日には夏空が戻ってくるでしょう。

最近はすぐれた夏物用の化学繊維ができてきましたが、夏物の素材といえばひところまでは木綿でした。汗を吸い取ってくれて、ソフトな肌触りの木綿は、今でも、夏に着る衣服の代表的なものです。アトピー性皮膚炎の方は木綿がもっとも肌に合うそうです。木綿は強度もありますし、染色しやすい性質ももっているすぐれた素材です。

しかし、昔は着る着物の素材はそのまま、身分を表していました。男性も女性も、身分の高い人は絹の着物、低い人は木綿のものと定められていました。木綿は見栄えという面からは絹にかないません。当然のことながら、木綿は一般庶民の着物、現代で言えばカジュアルということになります。

太田裕美さんが歌った「木綿のハンカチーフ」という歌が、一世を風靡した時期がありました。作詞をした松本隆さんは、「殺伐とした世の中に、素朴でやさしい木綿のハンカチーフを世に問うた歌です。」と言っています。

これからの人生、木綿の人生で行こうと思っています。

「しかし、満ち足りる心を伴う敬虔こそ、大きな利益を受ける道です。・・・衣食があれば、それで満足すべきです。」Ⅰテモテ6:6,8
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。