FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アー」

テレビのチャンネルを、なにげなくNHK教育テレビにしましたら、英会話講座をやっていました。外国人講師による英語の発音練習です。[]の発音練習をしていました。これは「アー」ですが、日本語の発音にはない「アー」です。her、serveなどの発音です。この発音は英語を英語たらしめているもので、自分なりに練習してきました。できているつもりでしたが、この講座で新しい発見をしました。

[]を発音するときは、舌をちょっと上げて、筋肉の力を全部抜いて、ため息をするように「アー」と言いなさい、という説明でした。「筋肉の力を抜いて」が新しい発見でした、なるほど、そうすると無理なく自然に[]となります。

発音の世界にも、力を抜くことがあるのです。テレビの講座で一緒に練習しているうちに、私の体全体の力が抜けていくことがわかりました。このところ、雪が続き、除雪のことなどを考えていると、いつのまにか、心も体も緊張していたのです。

もっと、神様に身をゆだねて、楽しく生きることを、発音の練習から学びました。

「だから、明日のための心配は無用です。あすのことは、あすが心配します。労苦はその日その日に、十分あります。」マタイ6:34
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。